植物工場マネージャー
 

最先端の光・電子技術を基盤として、「ライフフォトニクスイノベーション」を展開し、「輸送機器用次世代技術産業」「新農業」「健康・医療関連産業」「光エネルギー産業」の新産業4分野の基幹産業化を図ることにより、より良いQOL(Quality of Life)を志向する安全・安心・快適で持続的に成長可能な社会を実現しようとする構想の中で、「新農業」分野の基幹産業化として、「最先端植物工場マネージャー育成プログラムの開発及び実施」プロジェクトが文部科学省、地域イノベーション戦略支援プログラムとして平成24年度に採択されました。
 この採択を受け、平成24年度~28年度の5年間の事業として、低迷する日本農業の復興のために、農商工連携や農業の6次産業化が推進されている中、その典型例として最も関心の高い最先端施設園芸としての植物工場の管理運営を推進する「最先端植物工場マネージャー育成プログラムの開発及び実施」事業が実施されました。
 現在の「最先端植物工場マネージャー育成プログラム」は、この事業を発展させ、豊橋技術科学大学の社会人向け実践教育プログラムおよび豊橋市の次世代「農力」UPアカデミー事業としてIT技術を農業に導入するための新たな植物工場的技術について講義、実習を行い、次世代の農業である植物工場の管理運営をできる人材を育成することを目的に実施しています。

IT食農先導士

 愛知県東部の東三河地域は、国内有数の先進的農業地帯でありますが、近年の輸入農産物の拡大、光熱費の高騰、高齢化等により農業生産額が低迷しています。
 このような背景を踏まえ、豊橋技術科学大学では、光・電子技術などの工学的知識と農業技術が習得できる人材育成プログラムを開発し、社会人向け実践教育プログラムとして「IT食農先導士養成プログラム(最先端土地利用型IT農業コース)」の養成を行っています。そして、この事業は、、競争力のある攻めの農業を展開することにより、基幹産業である食農産業を活性化し、地域再生化を図ることを目的とする豊橋市次世代「農力」UPアカデミー事業として、地元自治体である豊橋市と連携して実施しています。

6次産業化

豊橋技術科学大学では、農業者や農業分野へ新規参入を検討している企業関係者等が、農商工のスキルを融合して6次産業化関連ビジネスなどの「あるべき姿」を設計し、その実施に向けての意思決定ができるような人材の育成を目的として、平成26~27年度に農林水産省が開発した農山漁村地域ビジネス創出人材育成プログラムをベースとしたカリキュラムに基づく「東海地域の6次産業化推進人材育成」事業を実施しています。
 なお本講座の修了生は内閣府の国家戦略プロフェッショナル検定である「食の6次産業化プロデューサー」キャリア段位の申請が可能です。

 
What's News? 最新情報
受講生活躍情報